【利用料完全無料】自宅の不要なキャンプギアはネットで簡単に売れる。

JUST BUYは査定・送料・振込手数料全て完全無料。
梱包セットも家に届いて集荷もしてくれるためとても楽ですよ。

査定額が0円でも引き取ってくれるので売れたらラッキー程度で試しに利用してみてはどうでしょうか。

庭や公園での焚き火は違法ではない!?規模や環境で変わってきます!

キャンプ
スポンサーリンク

キャンパーなら誰もが大好きな焚き火。

自宅の庭や公園でもやりたいけど引っかかるのが法律のことですよね。

気まぐれ太郎
気まぐれ太郎

難しいことはわからん…OKなのかNGなのかで簡単に教えてください!

結論から言うとキャンプでやるような小規模な焚き火は庭や公園でも可能です。

ただ、知っておいてほしいのが規模や環境、燃やすものなどによっては違法になるということ。

そして、合法だとしても近隣住民などに迷惑がかかり最悪通報までされてしまう可能性もあるということです。

今回は焚き火に関わる様々な法律の観点から焚き火が違法なのか合法なのか解説していきます。

焚き火を愛するキャンパーとして参考にしてください。

 

キャンプでの刃物の使用は銃刀法違反にならないのか疑問に感じたことがあるならこちらもチェック!

焚き火に関わる5つの法律

焚き火が違法となるのかどうかは5つの法律によって決まります。

5つの法律は下記の通り。

  • 軽犯罪法
  • 自然公園法
  • 都市公園法
  • 廃棄物処理法
  • 消防法

そのほかに地域によって定められている条例も関わってきます。

ぱら
ぱら

自分が住んでいる街の条例を確認することをおすすめします!

では5つの法律をひとつずつ解説します。

軽犯罪法

軽犯罪法第1条9号では、「相当の注意をしないで、建物、森林その他燃えるような物の附近で火をたき、又はガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者」を拘留又は科料に処すことが定められている。したがって、他の法令で認められている焚き火であっても、注意を怠れば刑法犯となる可能性がある。

出典:Wikipedia

簡単に言うと、近くに可燃物があるにもかかわらず焚き火を行なってると罰せられるかもよ。という内容です。

違反した場合、1日以上30日未満の勾留又は1000円以上10000円未満の罰金に処されてしまいます。

小さな焚き火でも燃え広がると取り返しのつかない火災まで大きくなってしまうので周囲の可燃物への引火には充分に気をつけなければいけません。

焚火台を使っている場合、下の芝生などに燃え移ることも考えられるので焚き火の下には必ずスパッタシート(耐火シート)を敷くか、灰の受け皿付きの焚き火台を使用しましょう。


 

こちらの焚き火台は3000円という安さで受け皿も付いているのでコスパ最強です!

自然公園法

日本の自然公園は、自然公園法によって4つの地区・地域に分かれており、その中の一つに「特別保護地区」のエリアが指定されている箇所がある。指定箇所では焚き火は事前の許可が必要となっている(罰則あり、ただし非常災害のために必要な応急措置として行う行為は規制されていない。また、自然公園法では特別保護地区以外の3つの地区・地域では許可を必要としない)。なお環境省は公の場で「焜炉(こんろ)は焚き火に入るかと聞かれた場合に、そうではない」「自然公園法上は、焜炉は規制の対象外」と明言しておりアルコールストーブ、バーベキュー焜炉、卓上型カートリッジ式焜炉(カセットコンロ)、七輪などは含まれないと考えられ、特別保護地区内での常識的な使用においてこれら専用の加熱器具の使用に許可申請は必要ない。

出典:Wikipedia

自然公園とは風景地を利用して作られる公園で、国立公園・国定公園・都道府県立自然公園の3種類があります。

簡単に言うと、自然公園で焚き火をするなら特別保護地区内では申請が必要、それ以外は無許可で焚き火をしてもいいですよ。という内容です。

同時にバーベキューやカセットコンロを使用した調理も認められています。

都市公園法

都市公園法11条4号では公衆の都市公園の利用に著しい支障を及ぼす怖れのある行為が禁止されており、その具体例として施行令18条3号で「公園管理者が指定した場所以外の場所で焚き火をすること」が挙げられている(罰則として10万円以下の科料あり)。市街地の公園で酔客や若者などが焚き火をして警官などに警告されるケースの根拠法は多くはこれである。なお、この法律は自然公園法によって指定されている自然公園には適用されない。

出典:Wikipedia

簡単に言うと、市街地にあるような公園で焚き火をするなら管理者次第ですよ。という内容です。

自然公園法、都市公園法ともに公共の場ですから、他の利用者に迷惑をかけないように注意しましょう。

また、焚き火を行なった場合は確実に火の始末を行わなければいけません。

残り火が火災を招く場合があります。

 

火の消し方について解説した記事はこちら。

廃棄物処理法

燃料としてごみ(廃棄物)を燃やすことは廃棄物処理法に基づく不法焼却(16条の2)による規制対象となる可能性がある(しかし、この法律では原則として「焚き火」と「軽微な範囲での廃棄物の焼却」は規制されていない)。

出典:Wikipedia

ここで言う軽微な範囲の焚き火とは落ち葉や紙を燃やすような小規模の焚き火のことを指しています。

イメージとしてはキャンプで行うような焚き火くらいの規模だと問題ないかと。

庭で焚き火をする場合、近隣住民に迷惑をかけるほどの煙や煤(すす)は通報される可能性もあるので注意です。

消防法

消防法とは簡単に言うと火災を起こさないための予防や火災の被害を軽減するための法律です。

消防法の第三条に、消防署の人間は焚き火を見つけて火災の危険があるとみなした場合は消火できますよ。という内容があります。

違反した場合は30万円以下の罰金又は勾留に処されてしまいます。

 

スポンサーリンク

小規模な焚き火は違法ではない

ここまで様々な法に基づいた焚き火の可否を解説してきました。

キャンプ場以外で焚火をするなら以下の事を頭に入れておきましょう。

キャンプ場以外の場所で焚き火をするなら、
  • 自宅の庭…小規模なら可能
  • 自然公園…特別保護地区以外は可能(特別保護地区は要申請)
  • 都市公園…管理者次第
  • 河原・河川敷…小規模なら可能(場所によっては禁止)

簡単にまとめるとこんなところでしょうか。

気まぐれ太郎
気まぐれ太郎

小規模なら意外とどこでもできるのか!

法律より人に通報されるのが厄介?

大体の場所は小規模の焚き火は可能ということがわかりました。

しかしこれはあくまで理論的な話。

厄介なのは近隣住民や通りがかった人に通報されてしまうことです。

法律は守っていても、見る人によっては危険とみなしてしまうかもしれません。

例えば、河原で焚き火をしていたら急に消防隊員が訪れて来た(通報を受けてやって来た)という話も聞いたことがあります。

ぱら
ぱら

もちろん迷惑をかけていたなら悪いのはこっちですが…

ですので、公園など他の人がいる公共の場では焚き火を行わないのが無難です。

それでも焚き火をするなら、なるべく人目につかない時間帯や場所を選びましょう。

 

まとめ:法律は絶対遵守!

焚き火に関する法律について話しました。

要点のまとめ
  • 小規模な焚き火は基本OK
  • マナーはしっかり守る
  • 公園や河原は事前に確認する
  • 通報される可能性もある

むやみな火災を減らすためにこのような法律ができました。

法律はしっかり守り、火を扱うということは様々な危険が潜んでいるということを自覚しなくてはいけません。

焚き火を行う際は、正しい知識を持って行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました