トレッキングシューズの正しい洗い方とは?おすすめのシューズも紹介!

登山などアウトドアで使用する分、他の靴よりも汚れやすいトレッキングシューズ。

手入れしようと思っても、どのように手入れしたらいいかわからないという方も多いと思います。

ぱら

不適切な方法で手入れしてしまうと、トレッキングシューズの機能が失われる可能性もあります。

そこで今回の記事ではトレッキングシューズの正しい洗い方について紹介していきます。

ぜひ、この記事を参考にして、トレッキングシューズの正しい洗い方を知り、長く使用できるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
気になる見出しをタップ

トレッキングシューズの洗い方

トレッキングシューズの大まかな洗う手順は以下の通り。

  1. 中敷きと靴紐を外す
  2. 土などの軽い汚れをブラシで落とす
  3. スポンジで水洗い
  4. 汚れがひどい場合はクリーナーで除去する
  5. 水気をしっかり拭き取る
  6. 乾燥後、防水・撥水スプレーでコーティング

それぞれの工程を詳しく解説していきます。

中敷きと靴紐を外す

トレッキングシューズ本体を洗う前に中敷きと靴紐を外してください。

中敷きを外したら、トレッキングシューズを逆さにして靴底に溜まっている砂や石ころを出します。

靴紐はネットに入れ洗濯し、中敷きも洗えるものは洗いましょう。洗濯後は風通しの良い日陰で乾かすことがポイントです。

土などの軽い汚れをブラシで落とす

シューズの表面についている土などの汚れをブラシで落とします。

この時にアウトソールが剝がれていないか、ヒビが入っていないかを一緒にチェックしましょう。

もし、アウトソールが傷ついている場合、そこから悪化する可能性があります。悪い影響を及ぼすのか判断できない場合は、専門店などに問い合わせましょう。

ぱら

安全に登山をするために大切なことですよ!

スポンジで水洗い

大まかな汚れが取れたら、スポンジを使って水洗いをしましょう。

この時に強くこするのではなく、優しく汚れを落とすようにするとシューズへの負担を減らすことができます。

汚れがひどい場合はクリーナーで除去する

どうしても落ちない汚れがある場合はクリーナーを使用して除去してください。

使用するクリーナーは専用のものを選びましょう。使用する種類によっては色落ちしたり、シミになったりするものをあるので、一度目立たない場所で試しに使うことをおすすめします。

水気をしっかり拭き取る

洗い終わったら、渇いているタオルで表面の水気を拭き取ります。

拭き取り終わったら内側にはタオルか新聞紙を詰め、風通しの良い日陰で乾燥させてください。

タオルや新聞はこまめに詰め替えることで乾燥時間を短縮することができます。

しっかり乾燥させないとトレッキングシューズの革にカビが生えたり、痛んだりする原因になりますので注意してください。

乾燥後、防水・撥水スプレーでコーティング

乾燥したら、防水・撥水スプレーでコーティングすることをおすすめします。使用するスプレーは靴に対応しているものを選びましょう。

スプレーをする際は屋外でスプレーを吸い込まないようにしてください。周りに人がいないことも確認しましょう。

おすすめのトレッキングシューズ5選

ここからはおすすめのトレッキングシューズを5つ紹介します。

mont-bell(モンベル):タイオガブーツ

出典:モンベル

定番のブランドであるモンベルのタイオガブーツ。ミドルカットのブーツでアッパーはしなやか且つ素材にはゴアテックスが使用されており、防水性・防風性も抜群です。

横ブレを軽減し、安定性を高める設計となっています。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス):アクティビストミッドフューチャーライト

デザイン性、機能性共に優れているシューズです。高い防水透湿素材を採用しています。アウトソールは生体力学に基づいて開発されており、加速と減速、安定性が重視されています。

KEEN(キーン): TARGHEE III

アウトドア用の靴で思い浮かべる方が多いkeenのシューズです。

快適性と多くの機能を持ち合わせているデザインで高い通気性と速乾性に優れており、ドライで快適な履き心地を提供してくれます。

街履きにも使用できるおしゃれなデザインで人気です。

caravan(キャラバン):C1_02S ゴアテックス

履き口まわりにクッションを採用し足首を優しくホールドしてくれる構造で、グリップ力が高いソールを採用し、インソールには衝撃を吸収して歩行性を高めてくれるシステムを採用しています。

履きやすさ、歩行性の高さから、これから登山を始める方におすすめできます。

MERRELL(メレル): Moab2 Gore-Tex

2007年の発売以来から人気の定番シューズとなっています。

柔らかく快適な履き心地と丈夫さから、トレッキングから都市部での使用も可能です。

ゴアテックスを採用し、高い防水性・透湿性を発揮。「長時間履いても疲れない」をコンセプトにし、幅広いユーザーにぴったりの一足です。

まとめ

今回の記事ではトレッキングシューズの洗い方とおすすめのトレッキングシューズを紹介しました。大まかな手順は以下の通りです。

  1. 中敷きと靴紐を外す
  2. 土などの軽い汚れをブラシで落とす
  3. スポンジで水洗い
  4. 汚れがひどい場合はクリーナーで除去する
  5. 水気をしっかり拭き取る
  6. 乾燥後、防水・撥水スプレーでコーティング

危険な山道を安全に歩く為に、トレッキングシューズは定期的に手入れし機能が損なわれないようにしましょう。

是非この記事を参考にして、適切な方法で手入れをして、トレッキングシューズを長く使用してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったと思ったら是非シェアしてください!
気になる見出しをタップ
閉じる