【長持ち】キャップの型崩れや色落ちを防ぐ洗い方を解説!

日差しの強い夏のアウトドアではキャップを被る人が多いと思いますが、キャップを被っていると蒸れてくるし、汗の汚れが気になりますよね。

「洗いたいけどキャップを洗うと形が崩れそうだな……。」「洗ったら色落ちしないかな……。」と不安に思う人もいるかと思います。

せっかく買ったお気に入りのキャップなのに形が崩れたり色落ちしたらショックですよね。

そこで今回は、キャップの形崩れや色落ちを防ぐ洗い方を紹介していきます。是非参考にしてください。

スポンサーリンク
気になる見出しをタップ

キャップの基本的な洗い方

さっそくキャップの基本的な洗い方を紹介していきます。

色落ちの確認

キャップの色落ちを防ぐために、まずは洗濯表示を確認しましょう。洗濯表示には洗濯方法の種類や洗う時の適切な温度などが書かれています。

洗濯表示を見ても不安だという人は、実際に色落ちするかどうか確認してみましょう。

色落ちの確認方法

STEP
中性洗剤と白い布を用意
STEP
白い布に中性洗剤を含ませたら、キャップに数回ポンポンとなじませる
STEP
 白い布にキャップの色が移っていなければ、洗っても色落ちしない!

色落ちが確認できた場合は家庭での洗濯はおすすめできません。(洗う時は自己責任で!)クリーニングに出すのが無難でしょう。

優しく手洗いで型崩れ防止

家で洗濯をするときは、洗濯機で洗うか手で洗うかのどちらかになると思いますが、キャップを洗うときは手洗いを推奨します。

青年、でも、洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗っても大丈夫じゃないの?

ぱら

洗濯機で洗うと型崩れしてしまう可能性があるのでおすすめできませんよ!

STEP
ぬるま湯に洗剤を溶かす

キャップを手洗いするときは、まずぬるま湯に洗剤を溶かしたものを用意しましょう。洗濯表示に書かれている温度を守ってくださいね。

STEP
ぬるま湯で押し洗い

次は、キャップをぬるま湯の中に入れて数回押し洗いします。キャップを手洗いしても汚れが落ちないことがあります。特に汗の黄ばみは落ちにくいものです。そんなときはせっけんを使って優しく洗いましょう。

STEP
水分を落とす

洗い終わったら軽く絞ってから清潔なタオルにキャップの水分を吸い込ませましょう。絞るときは、キャップをつぶさないように優しく扱いましょうね。

STEP
乾燥させて完了

あとはキャップを乾かせば完了です。キャップを乾かすときは、丸いザルかボールを使うのがオススメです。キャップと同じぐらいの丸いザルかボールを用意したらひっくり返し、その上にキャップをのせましょう。こうすることによって、キャップの型崩れを防ぐことができます。

ザルを使いたくないという人は、丸めたタオルをキャップの中に入れて乾かしましょう。

ぱら

キャップを乾かすときは、風通しのいいところに置いてくださいね。

手洗いできないキャップもある!?

すべてのキャップが手洗いできるわけではありません。ですからキャップを洗うときは注意が必要です。

例えば、人気のキャップとしてニューエラシリーズがありますが、手洗いすることができません。

青年

洗えないキャップは汚れていく一方なの?嫌だなあ。

ぱら

簡易的に汚れを落とす方法があるよ!

手洗い不可なキャップの洗い方は以下の通りです。

STEP
ガムテープなどでキャップの埃を取る。
STEP
濡らしたタオルで気になる汚れを拭き取る。
STEP
乾いたタオルで水分を吹き取る。
STEP
キャップを乾燥させ完了。

手洗い不可なキャップはこのようにキャップへ負荷をかけないように汚れを落としましょう。

それと、キャップに貼ってあるシールを剥がさずに被りたい場合は洗うときに1度シールを剥がし、乾いたあとに貼り直すと良いそうです。

こういったキャップを本格的に洗いたい方はクリーニングに出した方が良いかもしれません。

キャップを洗う頻度は?

洗い方の次に気になるのは洗う頻度ではないでしょうか。いくら型崩れしないように洗っていても、頻繫に洗っていては劣化してしまします。

キャップを洗う頻度は被る頻度にもよりますが、多く被る人でも1週間~2週間に1回で良いそうです。

たまにしか被らないという人は、1ヶ月~2ヶ月に1回でもいいかもしれませんね。ですが、大量に汗をかいてしまった日はすぐに洗ったほうがいいかもしれません。

まとめ

今回は、キャップの型崩れや色落ちを防ぐ洗い方を紹介しました。

キャップはそのまま洗ってしまうと、型崩れや色落ちの原因となるので洗い方や洗う頻度には充分気をつけましょう。

家で洗うのが難しい場合は、クリーニングに出すのがオススメです。お金はかかりますが、キャップに合った洗い方をしてくれるので安心です。料金はキャップの種類にもよりますが、1,000円前後~でクリーニングできますよ。

キャップを正しく手入れして長持ちさせましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったと思ったら是非シェアしてください!
気になる見出しをタップ
閉じる