【利用料完全無料】自宅の不要なキャンプギアはネットで簡単に売れる。

JUST BUYは査定・送料・振込手数料全て完全無料。
梱包セットも家に届いて集荷もしてくれるためとても楽ですよ。

査定額が0円でも引き取ってくれるので売れたらラッキー程度で試しに利用してみてはどうでしょうか。

テントの洗い方と手入れ方法解説!重要なのはしっかり乾かすこと!

キャンプ
スポンサーリンク

キャンプで最も使われる道具と言ってもいいテント。

数ある中から迷って選んだお気に入りのテントは長く使いたいですよね。

ぱら
ぱら

買い替えるとお金もかかるしね…(苦笑)

長く使うなら欠かせないのがテントのメンテナンスです。

しかし、あんまりやり方がわからない。という方が多いように感じます。

そこで、今回はテントの洗い方と手入れのやり方を紹介していきます。

 

クーラーボックスの嫌な匂いを解消する方法はこちらの記事で紹介しています!

テントが汚れるのは主に雨の日

テントが汚れる1番の原因はやはり雨の日に濡れたままカビが生えることや、濡れた砂や葉っぱが付くことです。

撤収時に雨が降っているとどうしても濡れたまま収納し、持ち帰ることになりますが、アフターケアとして乾燥させることが重要となってきます。

乾燥させることができれば付着した砂や葉っぱを払うこともできるので、テントを綺麗に保つには使用後に乾かすということが大前提となります。

ちなみに、濡れたテントは専用の収納袋に入れるのでなく、大きなゴミ袋などに入れて持って帰ると楽ですよ。

それと畳む時はテントよりも大きなブルーシートなどを広げ、その上で畳むと汚れを最小限に抑えることができます。

 

雨の日のキャンプにしかない良さもあるって知っていますか?

 

落ちない汚れはテント用の洗剤を使う

乾燥させて、払っても落ちない汚れには洗剤を使います。

おすすめがこちらの撥水生地用の洗剤。


 

通常の洗剤と異なり、撥水コーティングを傷つけることなく汚れを落とすことができます。

テントだけでなく、タープ、アウトドアウェア、シュラフ(寝袋)などにも使うことができます。

部分的に洗いたければこの洗剤を雑巾やスポンジに染み込ませ、汚れた部分を擦れば汚れが落ちます。

全体的に洗うなら浴槽などにテントが浸かるくらいの水とこの洗剤をキャップ2〜3杯入れ、もみ洗いをしましょう。

中性洗剤(食器用洗剤)を代用することもできます。使用する場合は水で薄め、雑巾やスポンジに染み込ませて汚れを拭き取りましょう。

当たり前ですが、洗った後はしっかりと乾燥させましょう!

洗濯機で洗うのはNG

洗濯機でテントを丸洗いすればいいんじゃないの?

このような考えが浮かぶかもしれません。

しかし、洗濯機で洗うと撥水機能がなくなったり、洗濯機が壊れる恐れがあります。

テントはできれば手洗いをおすすめします。

テントの乾かし方

洗ったテントを乾かすのに1番効果的なのが、天気の良い日に仮張りすることです。

仮張りするとなれば自宅の庭や駐車場などが好ましいのですが、一軒家の持ち家じゃなければ厳しいですよね。

マンションやアパートに住んでいる方は以下の乾かす方法があります。

  • 物干しにかけて除湿器を当てる
  • 早朝の公園や空き地で遊具にかけて干す
  • 早朝の公園や空き地で仮張りする
  • 自家用車にかけて干す

 

公園で乾かす場合は人がいない時間帯を選びましょう。

近隣住民とのトラブルの元になるかもしれません。

 

洗った後は撥水加工

テントを洗った後にスプレーで撥水加工を施せば、次回からも快適に使うことができます。

スプレータイプのもので吹きかけるだけと、とても簡単ですので1本持っておくと便利です。


先程紹介した洗剤とセットで販売もしているので、まだ何も揃えていないならこちらという選択肢もあります。


汚れが酷い場合はテントのクリーニング

テントのクリーニング屋さんがあるのはご存知ですか?

テントが本当に汚れている、自分で洗うのはちょっと面倒…という方にはおすすめです。

洗濯、乾燥、しわ伸ばし、撥水加工とテントを新品同様の状態に戻してくれます。

ネットで注文し、発送すればクリーニングをしてくれるので持っていく手間もかかりません。

クリーニング料金は1〜2万ほど(業者による)かかるので、決して安いとは言えません。

しかしたまにはプロに任せてピカピカにしてもらうのもアリですね!

まとめ:テントの手入れを入念に行い長持ちさせよう!

テントの洗い方と手入れについて話しました。

要点のまとめ
  • 雨が降るとテントは汚れやすい
  • 洗う時はテント用の洗剤を使う
  • しっかりと乾燥させることが重要
  • マンション等でも工夫すれば干せる
  • 最終手段としてクリーニング業者に出す

テントはキャンプ時の自分の家となる重要な道具です。

そして、頻繁に買い替えれるものでもありませんよね。

手入れをしっかり行い、長持ちさせることができればいいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました