【焚き火】火起こしに役立つファットウッドの採取方法と使い方を紹介

キャンプの醍醐味と言ったらやはり焚き火ですよね。

しかし、焚き火をしようとしても火起こしは大変ですし、苦労する方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では火起こしの時に役立つファットウッドの採取方法と使い方、松以外のおすすめの木材について紹介していきます。

スポンサーリンク
気になる見出しをタップ

ファットウッドとは

ファットウッドとは樹脂を多く含んでいる木材のことで、着火しやすく長く燃えるので火おこしの際に着火剤としてとても役に立つものです。

特に枯れた松に含まれる松脂(まつやに)はとても燃えやすく、火おこしの際に重宝されます。

少しぐらい濡れていてもフェザースティックにして使えば、問題なく火がつけられます。また、松脂には火が長く燃える効果があります。

このようにファットウッドは火おこしの時にとても便利な木材です。

ファットウッドの採取方法

前提として松を採取する際は、可能であればその土地の所有者に許可を取ってから採取するようにしましょう。

採取方法としては、まず倒れている松や枯れている松を探してください。松は黒松よりも赤松のほうがファットウッドに向いていると言われています。

ぱら

市販されているファットウッドの多くも赤松が使用されていますよ。

松脂は松の倒木や枯れたものの根元に集まっているため根元付近の枝を探してみましょう。また、元気な松よりも倒れているものや枯れているものを探してください。

松脂が多く含んでいる松は腐りにくいため、木の表面が腐っている場合でも削ってみると木の内部がファットウッドになっていることがよくあります。

断面が黒くなっている部分が樹脂を多く含んだファットウッドです。

カットした直後は松脂の匂いもしますので、案外簡単に判別できるでしょう。

また、ファットウッド化している部分は通常部分より硬いので、叩くとカンカンと高めの音が鳴るのも特徴です。

ファットウッドを見つけられたら、余分な部分を切って採取してください。ファットウッドはそのまま使用することもできますし、細かく削ってフェザースティックにして火口にすると、簡単に着火できおすすめです。

ファットウッドの使い方

ファットウッドを使うタイミングとしては火おこしの時と火力が弱くなってきた時に使うのがおすすめです。ファットウッドを正しく使うことでキャンプでの焚き火をより簡単にしてくれます。

それぞれのタイミングでの使い方を解説します。

火おこしの時に使う場合

まずファットウッドを細かく削り、鰹節のような状態にしてください。削ったファットウッドにライターなどで火をつけ、徐々に太い薪へ火を移していきましょう。

これだけで簡単に火が付きます。もし、木材が少し濡れている場合は表面を削るか、フェザースティックにして、燃えやすいようにしてください。

火力が弱ってきた時に使う場合

火力が弱ったときにファットウッドを使うのもおすすめです。

火が弱ったタイミングで細かく削っておいたファットウッドを焚火に入れ、火力を戻し、他の薪へ火を移しましょう。ファットウッドを使うことで簡単に火力を戻せますよ。

ファットウッドを使う際の注意点

ファットウッドはとても燃えやすいため、たくさん入れてしまうと火が大きくなり、火傷する可能性があります。ファットウッドを使う際は火に入れる量に気をつけてください。

また、松の木は燃やすと黒い煙やすすが出てしまいます。このすすが鍋などの調理器具や衣類につくとなかなか落ちにくいので注意してください。

また、料理中に使ってしまうと食べ物にも黒い煙がついてしまいます。ファットウッドは調理中などには使わずに極力火おこしの時だけ使うようにしましょう。

松以外におすすめの木材

ファットウッドにおすすめの木材を紹介します。

松は針葉樹林なので同じ針葉樹林である杉や檜(ひのき)、椹(さわら)などは松の代わりにファットウッドとして利用できます。

杉なども松と同様によく乾燥していて、樹脂を多く含んでいるものを使うようにしてください。

特に杉は日本全土に広く生えていますので、採取しやすい木材です。杉は葉や皮の部分にも油分を含んでいるため、杉の葉や皮も一緒に使うことでより簡単に火をつけることができます。

杉に葉や皮は枝の部分同様、よく乾燥しているものを選びましょう。

ファットウッドは購入もできる

ファットウッドは採取しなくてもネットなどで購入することができます。

採取しに行くほど欲しくはないけど試してみたいという方は購入してみるのもアリだと思います。

まとめ

今回の記事ではファットウッドの採取方法から使い方などを紹介しました。

キャンプの火おこしは初心者には難しいイメージがあるかもしれませんが、ファットウッドを使うことで簡単に火おこしができます。

ファットウッドのおすすめは赤松の根元付近の枝で、松脂をよく含んでいるので火が付きやすいです。ぜひ、この記事を参考にして、焚き火を楽しんでください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったと思ったら是非シェアしてください!
気になる見出しをタップ
閉じる