キャンプ向け充電アイテムは各容量モバイルバッテリーで何回使えるか

アウトドアの際に、多くの充電アイテムを使用するのに必要となるのがモバイルバッテリーです。

ただ、モバイルバッテリーによっても充電できる量は違うので、どれくらいの充電が可能なのか事前に知っておきたいですよね。

そこで今回は、どれくらいのモバイルバッテリーの容量で何回充電が可能なのか、アウトドアでよく使うアイテムを例にご紹介していきます。

関連:モバイルバッテリーの正しい捨て方・処分方法は?発火や爆発の危険も!

スポンサーリンク
気になる見出しをタップ

アウトドアで使うアイテムのモバイルバッテリー充電回数

今回は、アウトドアで活躍する「扇風機」「電気毛布」に加えてほとんどの人が肌身離さず持ち歩く「スマートフォン(iPhone)」と、これら3つのモバイルバッテリー充電回数を解説していきます。

アイテムによって必要となるバッテリー容量は変わりますので、自分が持っているアイテムの容量を確認してからモバイルバッテリーを選ぶようにしましょう。

2000mAhでは何回充電できる?

2000mAhのモバイルバッテリーでの各充電可能回数は以下の通り。

小型扇風機

持ち運びできる手持ちの小型扇風機の平均バッテリー容量は、平均2200mAh程度となっています。そのため、2000mAhのモバイルバッテリーでは0.9回分の充電が可能です。

電気毛布

本記事では弱で3Wh、中は18Wh、強は31Whで、5V/2Aの電気毛布を使っていると想定します。2000mAhの場合は弱で3.3回、中は0.5回、強は0.3回の充電回数となります。

スマートフォン(iPhone)

スマホは、機種によって充電に必要な容量が異なります。最新のiPhone12の場合、バッテリー容量は2,775mAhなので、約0.7回の充電が可能です。iPhone8であれば1821mAhなので、1回は充電することができるでしょう。

2500mAhでは何回充電できる?

2500mAhのモバイルバッテリーでの各充電可能回数は以下の通り。

小型扇風機

2500mAhだと1.1回分の充電が可能です。ただ、小型扇風機の中にはミストが出るものもあり、その場合は必要なバッテリー容量が平均2600mAh程度必要なので、その場合は約0.9回となります。

電気毛布

2500mAhの場合、弱は4.1回、中は0.69回、強は0.4回となります。暖をとるには少し物足りないかもしれません。

スマートフォン(iPhone)

最近のiPhoneはほとんどが2500mAh以上のバッテリー容量となっているので、1回弱の充電となります。少し充電が残っている状態で繋げば、満タンにすることも可能です。具体的には、iPhone12であれば90%、iPhoneXSであればバッテリー容量が2659mAhなので94%の充電は行えます。

4000mAhでは何回充電できる?

4000mAhのモバイルバッテリーでの各充電可能回数は以下の通り。

小型扇風機

4000mAhだと通常の扇風機の場合は1.8回、ミスト付きは1.5回充電することができます。小型扇風機を使う場合、4000mAh以上のモバイルバッテリーを持っていれば安心でしょう。

電気毛布

4000mAhの場合、弱は6.6回、中は1.1回、強は0.6回となります。充分に暖を取りたい方はもう少し大きなmAh数のバッテリーを使いましょう。

スマートフォン(iPhone)

4000mAhのモバイルバッテリーを使えば、現状あるiPhoneはすべて1回以上充電することが可能です。iPhone12であれば約1.4回、3687mAhという大きめのバッテリー容量のiPhone12 Pro Maxは約1回となります。

8000mAhでは何回充電できる?

8000mAhのモバイルバッテリーでの各充電可能回数は以下の通り。

小型扇風機

8000mAhだと、通常の扇風機は3.6回、ミスト付きは3回充電が可能です。これだけあれば、長時間のアウトドアの際にも便利でしょう。

電気毛布

8000mAhの場合、弱は13.3回、中は2.2回、強は1.2回となります。8000mAhあれば、充分に暖をとることができるでしょう。

スマートフォン(iPhone)

8000mAhのモバイルバッテリーを使えば、iPhone12の場合は2.8回、iPhone12 pro maxも2回充電できます。バッテリー容量の少ないiPhone8の場合は4回以上充電が可能になります。

10000mAhでは何回充電できる?

10000mAhのモバイルバッテリーでの各充電可能回数は以下の通り。

小型扇風機

10000mAhのモバイルバッテリーを使えば、通常の扇風機は4.5回、ミスト付きは3.8回充電できます。また、置き型の扇風機のバッテリー容量は10000mAhなので、1回充電が可能です。真夏日にアウトドアに行く時にはこれほどの大容量のものがあると安心です。

電気毛布

10000mAhの場合、弱は16.6回、中は2.7回、強は1.6回となります。長時間のアウトドアでもこれだけあれば安心でしょう。

スマートフォン(iPhone)

10000mAhのモバイルバッテリーを使えば、iPhone12の場合は3.6回、iPhone12 Pro Maxは2.7回、iPhone8は5.4回可能です。友人や家族のスマホも充電することができますね。

表で比較

各容量の充電可能回数を表でまとめました。

扇風機電気毛布(弱~強)iPhone12
2000mAh0.9回3.3~0.3回0.7回アマゾンで見る
2500mAh1.1回4.1~0.4回0.9回アマゾンで見る
4000mAh1.5回6.6~0.6回1.4回アマゾンで見る
8000mAh3.6回13.3~1.2回2.8回アマゾンで見る
10000mAh4.5回16.6~1.6回3.6回アマゾンで見る

併用するなら大容量がおすすめ

充電アイテムは今回登場した物以外にもランタンや電熱ベストなどたくさんの種類があります。

当然ですが、複数のアイテムをひとつのモバイルバッテリーで充電するならその分必要な容量は大きくなっていきます。

モバイルバッテリーはアウトドアだけでなく、普段使いから防災アイテムとしても役立つので大容量をひとつ持っておくと安心です。

ちなみに、さらに大容量を求めるならポータブル電源がおすすめです。キャンプや車中泊で人気のポータブル電源はずばり3択!災害時も役立つ!ではおすすめのポータブル電源を紹介しているので読んでみてください。

まとめ

モバイルバッテリーには様々な容量があり、用途に合わせて選ぶ必要があります。

快適なアウトドアを楽しむ為に事前に自分が使うアイテムを充電するのに必要なバッテリー容量をチェックしておき、用途に合わせたモバイルバッテリーを用意するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったと思ったら是非シェアしてください!
気になる見出しをタップ
閉じる