キャンプや車中泊で人気のポータブル電源はずばり3択!災害時も役立つ!

ポータブル電源があれば場所を選ばずに冷蔵庫・調理器具・暖房器具。ほぼ全ての家電を使うことができます。

特に冬のアウトドアなんかは暖房器具があるのと無いのではかなり違ってきますよね。ポータブル電源があると充実度が何倍にも膨れ上がります!

また、万が一の災害時に停電が起こってしまっても心強い存在となってくれます。

ポータブル電源は高価でなかなか手の届かない物です。1台買えば買い替えることも難しいでしょう。

※関連:モバイルバッテリーで暖を取れる比較的安価な暖房を求めるなら【良コスパ】4つのUSB充電式暖房で秋冬車中泊やキャンプも安全快適に!

だからこそ長い間使うポータブル電源選びに失敗しない為に、今人気のポータブル電源を紹介していきます!

スポンサーリンク
気になる見出しをタップ

ポータブル電源は用途によって選ぶ!

一口にポータブル電源と言っても様々な種類があります。

電力の容量・出力ポート数等物によって違います。それによって値段も全然変わってくるんですよね。

結局どれがいいのかというとあなたがどの場面で使いたいか。です。ただ安いからと購入してしまうと後悔してしまうかもしれません。

まずは自分が使いたい場面とそれに必要な能力をしっかりと把握しましょう!

ポータブル電源には電力の容量がある!

ポータブル電源には容量があり、mAh(ミリアンペアアワー)とWh(ワットアワー)で表記されていることが多いですが、Whを目安に容量を判断した方が良いです。

また、キャンプや車中泊では比較的長時間電力を使用する可能性が高いため、容量も大きなものを選ぶのが良いでしょう!

実際のバッテリー使用時には記載Whの7割程くらいしか使えないようです。(放電ロスの為)

具体的には、携帯やPCの充電・ポータブル冷蔵庫や電気ケトル・一晩中使いたい電気毛布やサキュレーターを考慮すると400Wh以上は欲しい所です!

正直300Whくらいでもなんとかなるとは思いますが、余裕を持ってこのくらいがいいと思います。

出力ポートの数と種類も違う!

ポータプル電源の出力ポートにはAC電源・DC電源・USBの3種類があります。

更にはどの種類が何個あるかも物によって違います。

自分が使いたい家電に対応した出力ポートと数も判断材料としましょう!

結局有名メーカーの高い物は品質も良い!

人気のポータブル電源ですが、今ではたくさんのメーカーから発売されています。

「あんまり聞いたことないメーカーだけど安いなあ~。」と安さに惹かれて買ってみたものの後悔…という話はよく聞きます。

できるだけ安く済ませたい気持ちはとってもわかります。(自分もケチなので安く済ませたいタイプです…)ですが長い目で見たときに確実に良いものを買っておいた方がいいことは皆本当はわかっているんですよね!

ポータブル電源界で有名なメーカーは『Anker』『Suaoki』『Smart tap』などがあります。信用の高いメーカーの方が絶対安心ですよね。

安く済ませるのも大事なことですが、大好きなキャンプや車中泊を全力で楽しめるように、自分への投資だと思って良い物を買うことをおすすめします!

ということでキャンプや車中泊でおすすめの大容量ポータブル電源を紹介します!

Anker:PowerHouse

  • 容量:434Wh
  • 重量:4.2㎏
  • 出力ポート:AC×1、DC×1、シガーソケット×1、USB×4
  • 合計最大出力:120W
  • 出力波形:正弦波
  • 充電方法:コンセント・ソーラー
  • バッテリーマネジメントシステム搭載
  • PSE検査合格品
  • 保証期間:18か月

ポータブル電源を探していて色々と迷った結果、どうせ買うなら容量の大きいものをと考えて、こちらを購入。
メカっぽさがいいですね。
四角いフォルムが私好みでした。
キャンプでXperia2台の充電、switchの充電、プロジェクターへの給電…100%で持ち込み、2泊3日で使い切りませんでした。
今も停電時も困らないよう、100%の状態で待機しています。
ちょっと高いかな…とも思いましたが、いい仕事してくれるので買って良かったです。

出典:アマゾンカスタマーレビュー

モバイルバッテリーなどで超有名なメーカーであるAnkerのポータブル電源。

434Whの容量でスマートフォンなら約40回、ノートPCを約15回フル充電可能です。
また、ミニ冷蔵庫なら約7時間使用可能、キャンピングライトなら100時間点灯可能と記載されています。

suaoki:PS5B

  • 容量:400Wh
  • 重量:5.6㎏
  • 出力ポート:AC×2、DC×2、シガーソケット×1、USB×4
  • 出力波形:正弦波
  • 充電方法:コンセント・ソーラー・シガーソケット
  • PSE検査合格品
  • 保証期間:24か月

昨年夏、北海道車中泊旅行をしました。suaoki、400wh2台と100wのソーラーで、エンゲルの14L冷蔵庫などを動かしました。
軽のワンボックスの屋根に100wソーラーを置き、60W程度の出力があり、鉛電池に比べ2台で半分程度の重量しかなく快適な旅行をしました。延長コードで繋げるだけで簡単接続出来、難しい接続や装置が要りませんでした。

出典:アマゾンカスタマーレビュー

ポータブル電源を中心にしているメーカー『Suaoki』こちらのメーカーも顧客からの信頼度がとても高いです。
容量は400Whで50Wの扇風機が約6時間、5Wのラジオが約60時間、PCの充電が約13回、小型ドロンが約7回使用できると記載されています。
Ankerのポータブル電源より少し容量は小さいですが、出力ポートの数や充電方法で優れています。

SmartTap:PowerArQ

  • 容量:626Wh
  • 重量:6㎏
  • 出力ポート:AC×1、DC×3、USB×3
  • 出力波形:正弦波
  • 充電方法:コンセント・ソーラー、シガーソケット
  • バッテリーマネジメントシステム搭載
  • LEDライト付属
  • LED搭載
  • PSE検査合格品
  • 保証期間:24か月

[AC出力]:100V-120V/5A、出力周波数:50/60HZ、通常パワー:500W、ピークパワー:450W、過負荷保護:505W以上800W未満(約60秒間動作)、800W以上1000W以下(約0.5秒間動作) [USB Type-A出力]:5V / 3A(二口合計15W)×2  [USB Type-C出力] 5V / 3A, 9V / 3A, 12V / 3A, 15V / 3A, 20V / 3A(最大60W) [ワイヤレスチャージ] 5W / 7.5W / 10W / 15W [シガーライターソケット出力]:12V / 10A(11-14V出力可能) [LEDライト]約710ルーメン [本体容量]:150,000mAh / 555Wh [DC/7.9mm入力]:12-40V [充電方式]CCCV方式 / MPPT方式 [その他]重量:7.9kg、使用可能湿度:10-90%、防水防塵性能:IP33(端子カバー装着時)

実際にキャンプで使用したので追加します。
2人分の電気毛布で使用しました。
明け方の気温が約6度でしたが、容量から計算した時間使用出来ました。
2泊使用するとなるとソーラー充電器が必要ですので、追加購入する予定です。
(注)シガーソケットからも充電出来ます。
良い買い物でした。

出典:アマゾンカスタマーレビュー

SmartTapシリーズのPowerArQ。
今一番人気があると言っても過言ではないポータブル電源です!

容量は626Whと他の二つよりもかなり大きいです。その分長時間電力を使うことができるので途中で充電切れなどの心配が減りますね。
電気毛布だと28時間も使えるようです。2枚ですよ?w

人気なのは大容量だからという理由だけでなく、安全性や保障期間の長さもあります。(これは他の2つも負けてませんが)

またカラーバリエーションも豊富で好みの色で自分らしさを出すこともできますよ。

PowerArQ は現在3モデルある

人気のパワーアークですが、現在は3つのモデルが販売されています。

PowerArQ2

PowerArQ

新しいのは3ですが、明確な優劣はありません。必要な容量や使い方に合わせたものを選ぶのが良いと思います。

ぱら

どれもおしゃれで高性能だから迷いますね!

まとめ

ポータブル電源にはたくさんの種類がありますが、個人的にはキャンプや車中泊でお供させるならこの3択だと思います。(デイキャンプなら別ですが)

性能は違いますが安全性や品質の良さについては信用できるのが上記で紹介したメーカーです。是非参考にしてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったと思ったら是非シェアしてください!
気になる見出しをタップ
閉じる