カインズのアウトドアチェアが優秀すぎてコスパ最強でした。【パチノックス】

コスパ最強。

この言葉が大好きな方はとても多い筈。

ぱら

その言葉だけで米3杯食べれる。

今回もコスパ最強なキャンプアイテムを紹介します。それが有名なホームセンターCAINZ(カインズ)が販売している『持ち運びに便利なリラックスチェア』

カインズ:持ち運びに便利なリラックスチェア

我が家のキャンプで大活躍中の優秀なチェアです。

今回はこのアイテムについて紹介していきます。是非参考にしてください。

スポンサーリンク
気になる見出しをタップ

持ち運びに便利なリラックスチェアのスペック

※以下持ち運びに便利なリラックスチェアをリラックスチェアと略させていただきます。

リラックスチェアのスペックは以下の通り。

使用時サイズ幅61×奥行58×高さ70cm(座面高37cm)
収納時サイズ幅38×直径15cm
耐荷重100kg
素材ポリエステル(シート・収納袋)、スチール(フレーム)
重量1.6㎏
カラーブラウン・ネイビー・ベージュ
価格¥2980(税込)

このタイプのチェアの本家と言えば、ヘリノックスのチェアワンシリーズですが、大体15,000円前後となかなかのお値段。ソロならまだしも、ファミキャンで家族分揃えるのはなかなかに厳しい…。

その点カインズのリラックスチェアはお値段なんと3000円。4〜5台買ってやっとヘリノックスと同額くらいになります。

ちなみにヘリノックスのチェアワンシリーズである、タクティカルチェアのスペックと比較するとこんな感じ。

カインズヘリノックス
使用時サイズ幅61×奥行58×高さ70cm(座面高37cm)幅52×奥行53×高さ67cm(座面高34cm)
収納時サイズ幅38×直径15cm幅35×直径14cm
耐荷重100kg145kg
素材ポリエステル(シート・収納袋)、スチール(フレーム)ポリエステル(シート)アルミニウム合金(フレーム)
重量1.6㎏1.02kg
カラーブラウン・ネイビー・ベージュかなり豊富
価格¥2980¥15000前後

比べてみるとリラックスチェアの方が一回り大きく、その分収納サイズや重量も大きくなっています。(フレームの素材の違いもありますね)

耐荷重にも大きな差がありますが、100kgあれば充分なのでは?とも思います。

それにサイズが大きい分、リラックスチェアの方が包まれてる感は感じるかもしれません。

なによりこの値段の差。性能の差を一気にひっくり返す安さではないでしょうか。椅子にあまりこだわらない我が家はリラックスチェア一択でした。デザインも悪くないですし。まさにコスパ最強ではないでしょうか。

パチノックスはカインズ以外にもたくさんのブランドから

このタイプのチェアは、ヘリノックスが本家であることは誰もが知っていることでしょうが、今ではヘリノックスを模したチェアは沢山のブランドから販売されています。(俗に言うパチノックス)

僕が以前ブログで紹介したムーンレンスのチェアもそのひとつ。しかし評判は悪くなく、愛用している方も多いようです。

※記事はこちら
MoonLenceのチェアがHelinoxに激似&激安で大人気!コスパ最強!

リラックスチェアの良かった点

リラックスチェアを実際にキャンプで使ってみて良かった点は以下の4点。

  • 収納がコンパクト
  • シンプルなデザインが良い
  • 組み立ての時力が入りやすい構造
  • 3000円と言う安さ

ひとつずつ理由を説明します。

収納がコンパクト

リラックスチェアは収納すると幅38cmの直径15cmになります。持つとこんな感じ。ん〜コンパクト。ベルトもあるので持ちやすいです。

カインズのリラックスチェアはコンパクトに収納可能

コンパクトに収納できることはこのタイプのチェアに共通する点だとは思いますが、やはり非常に便利です。もはやこのコンパクトさを知ってしまうと収納サイズが大きな椅子はキャンプに持って行く気が無くなります(笑)

シンプルなデザインが良い

我が家がカインズのリラックスチェアを選んだ理由はズバリデザイン性です。

我が家のテントはサバティカルのアルニカを使っており、ベージュを基調にギアを揃えていきたいという思いがあったのですが、それに答えてくれたのがリラックスチェア。シンプルなデザインが好きなので「これだ!」って思いましたね。

カインズ:持ち運びに便利なリラックスチェア

※アルニカについては別記事で紹介しています。
サバティカルの2ルームテント、アルニカのレビューと当選の確率

このようなカラーの椅子はもちろん他のパチノックスにも(パチノックスって言っちゃった)ありましたが、なんかカインズって信頼できるじゃないですか?日本のホームセンターの品質というか?それもこのチェアを購入した理由のひとつです。

ちなみに、近場のカインズではベージュのみ在庫無しという状況でした。なんとかネットで在庫がある店舗を見つけて取り置きしてもらってやっと買えたのでとても人気があるということがわかります。

ぱら

最近タンカラー流行ってますもんね。

組み立ての時力が入りやすい構造

このタイプのチェアはもう世に出回りまくっており、ゴム紐で結ばれたポールをはめてフレームを組み、シートの四つ角にある差込口にポールを挿す。という組み立て方はほぼ全て同じです。

しかしよく聞くのが、シート四つ角の最後のひとつにポールを挿すのが結構な力が必要という声。シートに張りを持たせる為に強く引っ張らなくてはいけないんですよね。

しかしリラックスチェアのシート上部2箇所の角は、シートが2重になっていてポケットのようになっています。

カインズ:リラックスチェアのシートは上部にポケットが付いていて掴みやすいから組み立てやすい!

このポケットのおかげでシートを掴みやすくなっており、その分引っ張りやすくなっています。(他のパチノックスを組み立てたことがないので明確な違いはわかりませんが…)

なので組み立てる時はまずシートの下側にポールを挿し、その後に上側を挿すようにすると組み立てやすいですよ。

ぱら

ガリガリ貧弱の僕でも簡単に組み立てられます!

3000円と言う安さ

なにより3000円という安さはかなり嬉しいです。

今のところ性能にも満足していますし、椅子にそこまでこだわりがない方は正直わざわざ高いヘリノックスを買うより断然こっちを買った方が良いと思います。それに安かった分ガシガシ使えますしね。(それが良いとは言えないですが笑)

※ちなみに身長180cm以上ある僕でもゆったりと座ることができました。

カインズ:リラックスチェアに180センチの男性が座るとこんな感じ

コスパ最強とはこういうことを言うんだなと感じさせてくれるアイテムでした!

関連:【チェア新時代】360度回るJOYVACKのアウトドアチェアが凄い!

BUNDOK(バンドック)のチェアも気になってた

リラックスチェアと迷ったのがバンドックのポータブルチェア。デザインも好みでリラックスチェアより少し安い為、最初はこっちにする予定でした。

しかし性能は以下の表のように、リラックスチェアより全体的に少し劣ってしまいます。

カインズバンドックヘリノックス
使用時サイズ幅61×奥行58×高さ70cm(座面高37cm)幅52×奥行55×高さ67cm(座面高27cm)幅52×奥行53×高さ67cm(座面高34cm)
収納時サイズ幅38×直径15cm幅39×直径12cm幅35×直径14cm
耐荷重100kg80kg145kg
素材ポリエステル(シート)・スチール(フレーム)ポリエステル(シート)・スチール(フレーム)ポリエステル(シート)・アルミニウム合金(フレーム)
重量1.6㎏1.9㎏1.02㎏
価格¥2980¥2580¥15000前後

性能は劣っていますが、その分値段が安いので、あながち妥当なのではないかと思います。場合によってはバンドックのチェアでもアリかと。

まとめ:ホームセンターは優秀!

カインズから販売されている『持ち運びに便利なリラックスチェア』の紹介をしました。

リラックスチェアの長所まとめ
  • コンパクトに収納可能
  • シンプルなデザインが◎
  • 組み立ての時力が入りやすい
  • 3000円とコスパ最強

結果的にかなり満足できるチェアでした。是非お近くのカインズへ探しに行ってみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったと思ったら是非シェアしてください!
気になる見出しをタップ
閉じる