78人のソロキャンプで使ってるワンポールテントは?上位7つを紹介!

ソロキャンデビューしたい…!

そんな欲が日々僕を襲い、遂にデビューすることを決断しました。

とはいえ基本的に家族でキャンプに行くので大きなテントしか持っていなく、まずはソロキャン用のテントを購入することに。
ファミキャンではサバティカルのアルニカを使っています。

https://parafam186.com/arnica_review/

ソロキャン用のテントと言ってもかなりの種類があり、優柔不断な自分は何日も悩み続けました。

ぱら
ぱら

全部良いんだもん…。

そこでTwitterでこんな質問をしてみました。

この質問になんと78人の方が教えてくれました!

ぱら
ぱら

本当にありがとうございます!

どれも素敵なテントだし、知らないテントもあったので勉強にもなりました。今回はせっかくたくさんの方が教えてくれたということで回答の統計を取り、使用者が多い順にランキング形式で人気のソロ用ワンポールテントベスト5(同率があるので7つ)を紹介してみようと思います。

※中には複数テントを所持している方もいた為、テントの総数は87となります。

僕と同じくソロ用のテントを何にしようか迷っている方は是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
気になる見出しをタップ

人気のソロ用ワンポールテントは!?

勿体ぶってもあれなので発表させていただきます!今回の結果を円グラフにまとめたのでご覧ください。

ソロ用のワンポールテント何使ってる?と聞いた結果

1位】テンマクデザイン:サーカスTC(15)
2位】BUNDOK:ソロティピー1TC(9)
3位】テンマクデザイン:パンダTC(8)
4位】DOD:ライダースワンポール(4)
4位】WAQ:アルファTC(4)
5位】コールマン:エクスカーションティピー(3)
5位】YOKA:TIPI(3)

結果として、テンマクデザインのサーカスTC(DXも含む)がダントツで1位でした。総数87のうち15人(17.2%)の方がこのテントを使っていました。単純計算で約6人に1人のキャンパーがサーカスTCを使用していることになります。

サーカスTCはまだキャンプ歴が浅い自分でも何度も聞いたことがあるテントですので、正直やはりか。という感じでした。

それではここからはベスト5に入ったソロ用ワンポールテントを紹介していきます。

【1位】テンマクデザイン:サーカスTC(15人)

先程話したようにダントツで使用者が多かったのがテンマクデザインのサーカスTCです。


出典:テンマクデザイン

 

★簡単なスペック
・サイズ:420cm×442cm×高さ280cm
・収納サイズ:67cm×直径25cm
・重量:10.8kg
・素材:コットン混紡生地(TC)
・付属品:ポール、ガイロープ、ペグ、収納袋

綺麗な三角のシルエットとシンプルなデザインが◎。

サイズは大きめで、ソロだけでなく複数人での使用も可能で、中にテントを入れるカンガルースタイルを採用することで更に居住性が増します。(専用のメッシュインナーテントも別売りされています)

テントの中でもゆったりしたい方にはおすすめのテント。ですが人気商品の為アマゾンや楽天では定価(¥34,980(税込))よりも割高で販売されていることが多いです。

公式でもちょくちょく再入荷しているので急がない方は定期的にサイトをチェックするといいでしょう。

出典:公式サイト

高くても欲しい!という方はアマゾンや楽天なら割といつでも買うことはできます。

【2位】BUNDOK(バンドック):ソロティピー1TC(9人)

2番目に使用者が多かったのがコスパの良いバンドックのソロティピー1TCです。

出典: カワセ公式

★簡単なスペック
・サイズ:240cm×240cm×高さ150cm
・サイズ(インナー): 幅220cm×奥行100cm×高さ135cm
・収納サイズ:44cm×直径24cm
・重量:4.8kg
・素材:コットン混紡生地(TC)
・付属品:ポール、メッシュインナーテント、ガイロープ、ペグ、収納袋

サーカスTCに比べると小さく、完全にソロ用となりますが、メッシュインナーテントも付属しており別売りのものを揃えなくても良いのでお得感が強いです。

それにテント内は狭いですが、サイドフラップを立ち上げることで広い前室を作ることができるため、居住エリアが広がります。

出典: カワセ公式

このテントも人気商品の為アマゾンや楽天では定価(¥24,980(税込))よりも割高で販売されていることが多いです。楽天で定価で売ってるショップがあったのでもし購入する時はチェックしてみてください。ちなみに僕はこのテントにしました!

【3位】テンマクデザイン:パンダTC(8人)

テンマクデザインがイラストレーターのこいしゆうかさんとコラボした人気のテント。元々はTC素材ではなく、TC素材のパンダが誕生したことで人気が急上昇したようです。

出典:テンマクデザイン

★簡単なスペック
・サイズ:270cm×270cm×高さ170cm
・サイズ(インナー): 250cm×115cm×高さ155cm
・収納サイズ:53cm×27cm×高さ19cm
・重量:6.3kg
・素材:コットン混紡生地(TC)
・付属品:ポール、ガイロープ、ペグ、収納袋

先程紹介したバンドックのテントよりもひとまわり大きいサイズで、可愛い名前とは裏腹に男性でも多くの方が愛用しているテントです。

バンドックに比べてサイドフラップは無いため、前室の広さは劣りますがタープと接続することでその悩みは解消されます。

【4位】DOD:ライダースワンポール(4人)

うさぎのマークが特徴的なDODのワンポールテントも人気です。

出典:DOD

★簡単なスペック
・サイズ:290cm×290cm×高さ183cm
・サイズ(インナー): 255cm×133cm×高さ183cm
・収納サイズ:50cm×直径14cm
・重量:2.6kg
・素材:68Dポリエステル
・付属品:ポール、ガイロープ、ペグ、収納袋

コンパクトな収納サイズと2.6kgという軽量さで、バイクでのキャンプ(キャンプツーリング)でも容易に積載できることが魅力のテントです。

コンパクトな割に前室も広い為、居住性も良し。別売りのポールを用意することで、入り口をキャノピーとすることができ、更に広い前室を作ることができます。

出典:DOD

【4位】WAQ(ワック):アルファTC(4人)

DODのライダースワンポールテントと同数だったのがワックのアルファTCです。

出典:アマゾン

★簡単なスペック
・サイズ:240cm×240cm×高さ150cm
・サイズ(インナー): 幅230cm×奥行110cm×高さ135cm
・収納サイズ:57cm×直径22cm
・重量:6.5kg
・素材:コットン混紡生地(TC)
・付属品:ポール、インナーテント、ガイロープ、ペグ、収納袋

バンドックのソロティピー1TCと非常に似ているテントです。バンドック同様サイドフラップを採用しており、広い前室を作り出すことも可能です。

収納サイズがバンドックよりも大きいのは、敢えて収納袋を大きくすることで他の道具も一緒に収納できるようにしているからだそうです。

知名度で言えばこれまで登場したテントよりも低い為、人と被りたくない方にもおすすめかもしれません。

【5位】コールマン:エクスカーションティピー/210(3人)

アウトドアブランドをあまり知らない方でも名前くらいは聞いたことがある程有名なコールマンのワンポールテントも人気です。

出典:アマゾン

★簡単なスペック
・サイズ (インナー)幅210cm×奥行150cm×高さ170cm
・収納サイズ:50cm×直径17cm
・重量:4kg
・素材:75Dポリエステル
・付属品:ポール、ガイロープ、ペグ、収納袋

インナーテントを立て、それにフライシートをかけて組み立てるタイプのワンポールテントです。

コールマンと言えばバランスの良い安定したスペック。こちらも非の打ち所がないテントとなっています。

現在は210のサイズだと新品を取り扱っているショップが無く、ワンサイズ上の325だとアマゾンや楽天で販売されています。

【5位】YOKA(ヨカ):TIPI(3人)

コールマンと同率だったのがYOKAのTIPIです。

出典:YOKA

★簡単なスペック
・サイズ 幅270cm×奥行270cm×高さ175cm
・収納サイズ:54cm×直径14cm
・重量:1.8kg
・素材:40Dリップストップナイロン
・付属品:ポール、収納袋

テントの外周にリフレクターの帯が付いており、ライトの光で反射するようになっています。この帯があるため他のテントとは一味違ったデザインとなっていますよ。

テント側面には薪ストーブの煙突を出す為の穴があらかじめ設けられていて、冬キャンプでも扱いやすいテントとなっています。

TC素材が人気

上位3つのテントは生地がTC素材であり、人気であることを再認識しました。

・TC素材とは

テトロン(ポリエステル)とコットンの混紡生地で火の粉が飛んでも穴が開きにくく、水に濡れると繊維の糸が拡張し目が詰まり、防水性が生まれる。ポリエステルの速乾性とコットンの通気性を組み合わせた生地。

良い生地な分、価格は上がってしまい、ポリエステルなどに比べると重くなってしまうのがデメリットですがそれを上回るメリットが多いことからとても人気の生地です。(ただし激しい雨には純ポリエステルに比べてあまり強く無いようです。)

その他のテントも素晴らしいものばかり!

このランキングはあくまで今回の自分のツイートに対して回答してくれた方々の中で多い順に順位付けしただけです。

使用者が少ないのは性能が悪い訳ではなく、むしろハイスペックでちょっとお値段が…という理由で、買いたいけど買えないというのもあるかと思います。(ほぼ全てこの記事に登場するテント達より高いです笑)

従って、どれも素敵で最高のテントですので是非自分のツイートの返信もチェックしてみてくださいね。

バンドックと迷ったのがTOMOUNT

僕は最終的にバンドックのテントを買いましたが、最後まで迷ったのがTOMOUNTというブランドのテントです。

サーカスTCより少し小さいくらいのサイズで、バンドックに比べて中でゆったりできるしシルエットも好みだったので最初はこっちにしようと思っていました。

しかし色々なレビューを見ていると縫製があまり良くないのか雨漏りを結構するという声をちらほら見かけたので結局辞めました。

ただ、使っている人に聞くと満足しているという方が多かったのでもしかしたらこっちを買った方が良かったかもしれません。僕の代わりに使ってみてくれませんか?笑

まとめ:キャンプをより楽しめるテントを

僕のツイートに対して答えてくれた人達の中で使用者が多かったワンポールテントを紹介しました。

どれを買えば正解というわけではなく、結局は自分がキャンプを楽しめれば良いですよね。

もしソロ用のキャンプにお悩みであれば、この記事を読んで少しでも参考になってくれれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったと思ったら是非シェアしてください!
気になる見出しをタップ
閉じる