6ヶ月の子持ちキャンパーの実状。育児しながらキャンプは厳しいっ!

キャンプ
スポンサーリンク

待望の子供が生まれて僕も親になりました。

現在生後6ヶ月。首も座って寝返りゴロゴロマンとなっています(笑)

僕も嫁もキャンプや車中泊が好きで、生まれる前は「早く3人で行きたいね」とよく話していたし、早くからキャンプに連れて行って自然と触れ合いながら育てて行く気満々でした。

しかし、今現在。その考えは甘く実際は「これだと連れて行っても大変そうだからまだ行けないな…」と感じてしまい、結局生まれてからまだ一度もキャンプへ行けていない状況です。

今回は僕たちがキャンプへ行けない理由など話します。これから子供が生まれる方や将来子供とキャンプへ行くのが夢な方は是非参考にしてください。

子供とキャンプへ行けない理由

僕たちが未だに子供とキャンプへ行けない理由は以下の4点。

  • 自分がまだキャンプ初心者
  • 哺乳瓶のやりくりが大変
  • 泣きやまない可能性がある
  • 現在冬なので過酷になってしまう

それぞれ説明します。

自分がまだキャンプ初心者

僕たち夫婦はキャンプは大好きなのですが、如何せん回数が少なくバリバリのキャンプ初心者です。

そして子供も第一子ということで育児に関しても初心者。

その為、キャンプ慣れしていない今の自分たちでは子供の面倒と両立できる自信がありません。

そういった理由から、せめて子供がもう少し大きくなってからキャンプへ行った方が楽しめるのでは?という考えにより、まだ行けていないのです。

親がキャンプ上級者であれば余裕が生まれる為、子供の面倒と両立可能だと思います。詳しくは子供はいつからキャンプに連れて行ける?それは親の経験値次第!で解説しています。

哺乳瓶のやりくりが大変

我が家は完全ミルクでの育児です。

嫁

もう母乳はあげていません。

今は大体4時間置きに200mlのミルクを飲ませているのですが、キャンプなど長時間の外出となると粉ミルクを持ち歩かなければ行けないし、使用後の哺乳瓶を洗って消毒するのも困難です。

それが億劫な為、キャンプへ行くのはせめて離乳食が始まってからにしようかと話しています。

ちなみに粉ミルクは外出用に特化したブロックタイプのものがありますし、哺乳瓶は使い捨てのものもあります。

これらを使用するのも手ですが、コスト面から我が家では使わないようにしています。(ブロックはたまに使うけど)

泣きやまない可能性がある

赤ちゃんは泣くのが仕事です。

泣いた時でもお腹空いたんだな、オムツ換えて欲しいんだな。など理由がわかれば対応できますが、環境が変わるとストレスが原因で泣き続けるかもしれません。

我が家の子供は今のところ人見知りや場所見知りはそんなにしないのですが、キャンプとなると環境が大きく変わるので泣いてしまう可能性があります。

ずっと泣き続けるとさすがに周りの利用客に迷惑ですし、自分たちも楽しむことができないことを考えると中々行こうと決断できないでいます。

ぱら
ぱら

基本車があるから逃げ場はあるんだけどね…。

現在冬なので過酷になってしまう

4点目は季節の問題。これが1番大きな理由です。

我が家の子供は8月に生まれました。

この記事を書いてるのは2月。更に住んでる地域が北海道なのでその中でのキャンプはかなり寒いです。

まだまだキャンプ初心者で道具も揃っていない僕たちですので、きっと冬キャンプを快適に過ごすことはできません。

6ヶ月の乳児だと尚更負担となってしまうのでその点を考慮すると行けないんですよね…。

しかし、同じ6ヶ月でも仮に今が暖かい季節ならキャンプへ行っていたかもしれません。

ぱら
ぱら

早く暖かくなれ!

やり方によってはキャンプへ行ける!

子供がいてもやり方によってはキャンプへ行くことは可能です。例えば以下のパターン。

  • 子供を親などに預けてキャンプへ行く
  • 夫婦どちらかに子供を預けて片方がキャンプへ行く
  • デイキャンプ(日帰り)へ行く
  • 近場で人が少ない場所へ行く

などなど、方法は様々です。

僕たちの場合、子供を預けてまでキャンプへ行く気にはならなかったのと、寒い季節なのでデイキャンプへも行けませんでした。

しかし、タイミングさえ合えばキャンプへ行くことは可能であると言えるでしょう。

子供がいない2人だけの期間も大切に

子供が生まれると夫婦2人だけの時間はあまりありません。

特にキャンプなど泊まりがけの外出は僕たちが想像してる以上に行けなくなりました。(単に僕の考えが甘かったですが苦笑)

実は僕たちは嫁が妊娠中に一度キャンプへ行ったことがあります。

妊娠6ヶ月で安定期に入った頃で、お腹もそんなに大きくなっておらず、まあ普通に動ける状態でした。

ぱら
ぱら

あの時はしばらく行けなくなると心にも無かった…。

妊娠中はまさに最後の2人の時間です。妊婦に極力負担をかけずにキャンプに行く方法を【夫婦キャンプ】妊婦でもキャンプへ行ける!負担を減らす7つの対策。【アクティブ妊婦】で解説しているので妊娠中の方など是非こちらも読んでみてください。

まとめ:どうしても子供中心の生活になる!

生後6ヶ月の子持ちのキャンプ事情について話しました。

要点のまとめ
  • 子供がいるとどうしてもキャンプ回数は減る
  • やり方によっては行ける
  • 子供がいない2人だけの時間を大切に

我が子は本当に可愛くて毎日幸せです。ですが自由も減るのは事実です。その事を頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました