【利用料完全無料】自宅の不要なキャンプギアはネットで簡単に売れる。

JUST BUYは査定・送料・振込手数料全て完全無料。
梱包セットも家に届いて集荷もしてくれるためとても楽ですよ。

査定額が0円でも引き取ってくれるので売れたらラッキー程度で試しに利用してみてはどうでしょうか。

ネイチャーハイクのHiby3は初心者におすすめのテント!コスパ最強!

キャンプ
スポンサーリンク

ネイチャーハイクのテントで人気のHiby3

 

この投稿をInstagramで見る

 

Issa(@issa_427)がシェアした投稿


抜群の性能で格安の最強テントとして有名ですよね。

このテント。まじでおすすめです。

キャンプ道具を数多くレビューしているyoutuberのモロケンさんも絶賛しています!

キャンプ慣れした上級キャンパーだけでなく、そのコスパの良さと扱いやすさは初心者が最初に買うテントとしてもおすすめされています!

その人気の理由をまとめました!

Hiby3が初心者におすすめの理由その1.前室が広い!

まず前室がかなり広いです!

その広さはバイク1台がすっぽりと収まるほどです。

これは他のテントよりも広く。物置としてだけではなく作業場としてでも利用できます。

これだけ広いとタープが必要ないレベルです。タープが無い分荷物をコンパクトにまとめられるので徒歩やツーリングキャンプにも重宝します!

ちなみに室内は大人2人が横になって余裕があるくらい。

大人1人だと大の字で横になることができます。

Hiby3が初心者におすすめの理由その2.立て方がシンプルで簡単!

Hiby3はポールを3本差し込むことで立てることができます。

シンプルで簡単なので、慣れている人で約5分程度で立て終わります。
テントを立てるのが面倒だし難しい…という人もこのテントなら億劫な気持ちのなることはありません!

ただ慣れるまではもっと時間がかかると思うのでそれは慣れるようにいっぱい張るしかないですね(笑)

天気が穏やかな日はペグダウンの必要が無い為芝生以外にも張ることができます。家の中でも張れます。

Hiby3が初心者におすすめの理由その3.大雨に負けない素材と耐水圧!さらに超軽量!

Hiby3には20Dナイロンという素材が使用されています。

耐水圧は4000mmでこれは大雨の時でも浸水しないレベルです。

急な雨からもあなたの身を守ってくれます。頼もしいですね。

また、このテントは本体重量が約2.5kg
ペグなどの付属品を入れた総重量は約2.8kgでかなり軽いです。

先ほども言いましたがコンパクトで軽量なので
どんな移動手段でも荷物にならないのは嬉しいですね。

Hiby3が初心者におすすめの理由その4.充実した付属品!

Hiby3には立てる時のポールが3本、ペグが16本、ロープが6本付いてきます。

これだけだと普通なのですが、グランドシートも付いてくるのが嬉しいです!

グランドシートとはテントの下に敷いて底面を保護するシートです。
石などからテント底面が傷つくのを防ぎ、汚れや浸水も防ぐことができます。

このテント専用サイズのグランドシートが付いてくるのでテントからはみ出すことがなく、ポールで固定することもできるのでずれることもありません

グランドシートが付属するテントは珍しいイメージが僕にはあるので、ネイチャーハイクさんありがとう!って感じです。(笑)

Hiby3が初心者におすすめの理由その5.この性能で比較的安い!

気まぐれ太郎
気まぐれ太郎

性能いいのはわかったけどどうせ高いんだべ?

そう思いますよね。

しかしこのテントは現在アマゾンで20,900円で買うことができます。

キャンプ初心者からしたら「え?高いじゃん」と思うかもしれませんが、この性能でこの値段は間違いなく安いです!

ただし長い目で見てですよ!長い間キャンプの相棒としてこのテントを使うのなら安い。
という意味です。

年に数回しか行かないし寝れればいいというのならばこのテントは高いです。もっと安いテントを買った方がいいです!

関連:あのHelinoxのチェアワンそっくりのアウトドアチェアが4分の1の値段で買えちゃいますよ!
MoonLenceのチェアがHelinoxに激似&激安で大人気!コスパ最強!

Hiby3の3つのデメリット

絶賛高評価のHiby3でしたが残念ながらデメリットが3つあります。

  • 3人用テントだが大人3人で寝るには窮屈
  • 耐水圧が高い分通気性が心配
  • 前室にランタンフックが無い

3人用テントだが大人3人で寝るには窮屈

このテントは2~3人用テントとして売られていますが、
大人3人が横になるには狭いです。

なので使う時は2人以下の場合が推奨されます。

しかしソロキャンもしくはデュオキャン(2人)では最高の気分で寝ることができます!

3人以上で寝たい場合はサイズが大きいHiby4もありますよ!

耐水圧が高い分通気性が心配

耐水圧が高い、つまり水を通さないということは空気も通しにくいということです。

しっかり換気をしないと結露の原因となってしまいます。

生地自体の通気性は良くないですが、3箇所のベンチレーション(通気口)と大きな網戸付きの入り口があるので全て開放すれば風通しが良くなり、湿気対策となります!

しかし寒いとそんなに開けてられないので残念ながら冬キャンプには向いていませんね。

前室にランタンフックが無い

前室は広くてその場で食事などをすることができますが、ランタンフックが無いのがネックです。

ランタンを吊り下げることが出来れば夜でもスペースを取らずに明かりを確保できますが、それがないのでテーブルや地面に置くか、なにか対策をとらなければなりませんね。

Hiby3は本当におすすめなんです!

ここまで読んでくれたならこのテントの良さは充分伝わったはずです!

冒頭でも貼りましたがモロケンさんのレビュー動画が非常にわかりやすいです。

もちろんデメリットはありますが、どのテントを買ってもデメリットは必ず付いてきます。

完璧なものはないですからね。

それになによりコスパが良いというのが一番のおすすめの理由です!

安くて良い物が買えればそれに越したことはないですからね!

タイトルとURLをコピーしました